人員に間違われるのです

お暖簾で一心に働き手に間違われてしまう。内装商店、CD商店、レンタル屋ちゃん、カフェ・・お暖簾を並べてみると知るのですが、そういったお暖簾の働き手って、白いシャツに黒いボトムスですね。必ず自分も、モノトーンの調整が好きで、それに迫るスタイルをしているのです。間違われても仕方ないですね。「すみません、○○はどこにありますか?」とか「禁煙座席はどこですか?」とか「便所はどちら?」とか、そう聞かれて、「いえ、個人は店員じゃないので」なんて応ずるのは野暮ですよね。答えられる行いだったら、ちゃんと教えてあげますよ。そういったときは、すでに店員になりきって、言い回しから自分のこなしまで、きちんとやります。目当てはこちらのことを完全に働き手ですからね。いい加減な対応したら、お暖簾のフィーリングが悪くなってしまいます。前に、お爺さんに「便所は?」を聞かれて、付き添って行ってあげたこともあるのです。借金 したい