正午の金星を確かめるテクを教えた他人がいました。

 二度とあれからかなりの年月日が経ちました。ある日の昼過ぎの事態でした。とあるユーザーが中学たちに野原で教えたことがあります。それは正午の金星を見る計画でした。我々はついつい立ち会ったのですが、教えたのは近くに住む「星を確かめる会」という会の会長くんでした。
 その人は十ユーザーくらいの中学の輪の中にのぼり、にこやかに空を指さし、金星の事柄を皆に写し出しました。指を使ってその事柄を確かめる計画を皆に授けるました。親指と人差し指を伸ばしてその人が教えた針路に対し、一種2つ三つと空を見極めるのです。
 声援がのぼりはじめました。中学たちがその人の教えた方法で正午の金星を見つけたからだ。我々にも見えました。ちっちゃなちっちゃな、さっぱり正午の月のような金星が敢然と見えました。不思議でした。みんなの声援の中で、その人はうれしそうでした。みんなもうれしがりました。そして私もおんなじでした。その星の迫力は輝いている間より著しく読み取れました。何気無い経験をすることができました。そのエキサイトは長く続きました。http://www.swfaddress.org/