人員に間違われるのです

お暖簾で一心に働き手に間違われてしまう。内装商店、CD商店、レンタル屋ちゃん、カフェ・・お暖簾を並べてみると知るのですが、そういったお暖簾の働き手って、白いシャツに黒いボトムスですね。必ず自分も、モノトーンの調整が好きで、それに迫るスタイルをしているのです。間違われても仕方ないですね。「すみません、○○はどこにありますか?」とか「禁煙座席はどこですか?」とか「便所はどちら?」とか、そう聞かれて、「いえ、個人は店員じゃないので」なんて応ずるのは野暮ですよね。答えられる行いだったら、ちゃんと教えてあげますよ。そういったときは、すでに店員になりきって、言い回しから自分のこなしまで、きちんとやります。目当てはこちらのことを完全に働き手ですからね。いい加減な対応したら、お暖簾のフィーリングが悪くなってしまいます。前に、お爺さんに「便所は?」を聞かれて、付き添って行ってあげたこともあるのです。借金 したい

主人と好きな音楽が全く違うのでちょっと大変です。

私と主人は結婚をする前から歌の趣味うが全く違って、私が聞きたい音楽を聴いているとすぐに嫌がって消してしまうし、そうかと思うと今度は自分の聞きたい曲を掛け始めてしまうので大変です。主人はどちらかと言うとちょっと洋楽のハードロック系が好きなのですが、私は洋楽のボーイバンド的な曲が好きなので全く好みが分かれて主人がいると好きな曲も聞かれない感じです。

他の趣味も主人とは全く合わないので、せめて音楽くらいは好みが同じで有って欲しかったのですがやっぱり無理でした。結婚する前から音楽の好みに関しては分かっていたので今更何を言っても遅いかも知れないのですが、結婚して一緒に暮らし始めると好きな時間に好きな音楽も聞かれないという感じで結構イライラしてしまいます。主人はテレビも自分の見たい番組だけを見たりするので音楽もテレビも好きに見れなくてショックです。いつか主人の音楽の好みが私と同じようなタイプに変わってくれたら良いのに、そう思っています。お金 借りる 急ぎ