強い雨の降る日の朝は、外が暗くて夜みたい

最近、朝の日が昇る時間がずいぶん遅くなってきたなと感じています。
まだ、日中の暑さは残っているものの、確実に夏から秋になってきているのだと体が感じ取っています。
昨日は、朝から大粒の雨がトントンと窓を叩くような天気だったのですが、いつも通りの時間に起きたのに外が真っ暗でした。
起きる時間を間違えたかなと思うほど暗くて、とても朝になっているとは思えない暗さでした。
一応、時計を確認して、そして窓を少し開けて外を見たのですが、黒くて厚い雲が切れ間なく流れていました。
夏の間は日が出てくるとすぐに部屋が暑くなってしまい、寝苦しさで早めに目が覚めることが多かったです。
しかし、これくらいの季節で特に雨の日なんかは、外も暗く気温も上がらないので、ついつい起きるのが遅くなってしまいます。
だんだんと布団の暖かさが心地よくなる季節でもあるので、ちゃんと起きるようにしないとうっかり寝過ごしてしまいそうです。
まだ真っ暗な朝というのもシャキッとしないものですが、そろそろ秋や冬の準備を進めるようにしなくてはいけないなと思いました。