季節の果物を色々な方法で美味しく味わおう

先日、主人の実家から梨をいただきました。
9月初めのこの時期、毎年のように梨を送ってきてくれます。それと同時に梨の美味しい季節になったんだなと思います。
しかし、2人暮らしの私達には多すぎる量の梨がきます。今年は昨年以上に減っていましたが、それでも20個ぐらい箱に入っていました。
ご近所付き合いもあまりなく、おすそ分けできる状況でもないのです。
新鮮な果物なので早く食べないと腐ってしまう。しかし急いで梨ばかりたべていたら飽きてしまうのではないか。
そこで今年は、梨を使ったスイーツ等をつくってみようと挑戦しました。半年くらい前にオーブンレンジを新調したので、料理のバリエーションも増えると思いました。
キャラメルソテー、シャーベット、パイ、スムージー等、沢山のメニューを作成することが出来ました。
昨年までは普通に食べていた梨ですが、料理すると味に飽きがなくなるし、時間つぶしにもなります。
まだまだ梨はあるので、ケーキ等も作れたらいいなと思っています。ミュゼ トライアングル

食べる量を減らすと、時々大変〜と思うことがあります。

わけあって、今は食事の量を少しだけ減らしています。特にご飯やパンといった、炭水化物の量を減らしています。
もともと、炭水化物を減らしたことで、4キロやせた元上司のお話を聞いて、興味はあったこともありますが、なんといっても最近、このままだと身体の調子が悪くなるのではないかと心配になったからです。
とは言うものの、いきなり食事を減らしたら、きついのではないかと思い、徐々に減らしていこうと思っています。
食事制限(と言えるほどではありませんが)にプラスして、スクワットなど身体を鍛えることも一緒にしています。
一気にダイエットするわけでもなく、たくさん運動をするわけではありませんので、食事制限や運動が生活の一部になったころに、私本人、周囲の人がやっと気づいてくれる・気づくレベルかもしれませんが、それでも健康診断の結果を覆したい思いがあります。
食事制限と身体を鍛えた結果が一刻も早くとは言いませんが、出るといいなと思います。
痩せて筋肉がついてくることを考えつつも、今日も運動をしたり、食事制限をしていきたいです。

41歳の誕生日を迎えた時のパパが言った言葉

41歳の誕生を迎えた時の話です。
もう決して、誕生日が嬉しい歳ではなく「はぁ〜、もう41歳かぁ」って
そこそこ落ち込んでる私。そこに朝起きてきたパパが
「ママ、お誕生日おめでとう!ねえ、知ってた?俺気づいちゃったんだけど今日でママは、
天才バカボンのパパと同級生になったんだよ!」
って一言。
何言ってんの、この人。って思ってたら
「ほら、バカボンのパパが歌ってたじゃん!41歳の春だから〜、元祖天才バカボンの
パパだから〜って。そうなのだ。ママは同級生なのだ。」だって。
確かに、そんな歌だったけど・・。バカボンのパパいい人だったし
あのアニメ大好きだったけど・・。あのハチマキ頭に巻いて、お腹に茶色の腹巻してた
あの風貌のおじさんと、同じとしになっちゃったんだって思ったら、落ち込みも倍増!
おいおい!余計落ち込ませてどうする気よ。
ママ全然年には見えないよね。はい、これプレゼントってアクセサリーの一つでも
用意してあるかと思えば・・なんて奴!!酵素ダイエット 一番痩せる方法

リトル・ヴォイスという映像を見ていました

19場合過ぎくらいからテレビジョンでプログラムされていた「リトル・ヴォイス」という写真を見ました。こういう写真は、1998層に英国で公開された写真みたいです。魂を閉ざした寡黙な少女は、有難い歌声のオーナーだったという、解説でした。有難い歌声を持ちながら、殻に閉じこもってお喋りも出来ないでいました。優しい情愛とMusicに支えられ、もうすぐ翼を広げてゆくまでをファンタジックな風合いで描いていらっしゃる写真でした。好物だった父さんの没後、恋人の遺したレコードだけに安堵を見出していました。それが、キャラクターのLV(エルヴィ)というママでした。おのずと恋人は、その俳優の歌声そのままに歌えるという器量を身につけていました。自称元締のレイという他人は、その歌声に驚嘆し恋人をジャンルに立たせるために奔走するという解説でした。こういう写真を見ましたが、お母さんがキャラクターのことをかわいがりていないのかなと言うくらい、怒られてばかりで不憫ですなと思いました。一番人気 酵素

強い雨の降る日の朝は、外が暗くて夜みたい

最近、朝の日が昇る時間がずいぶん遅くなってきたなと感じています。
まだ、日中の暑さは残っているものの、確実に夏から秋になってきているのだと体が感じ取っています。
昨日は、朝から大粒の雨がトントンと窓を叩くような天気だったのですが、いつも通りの時間に起きたのに外が真っ暗でした。
起きる時間を間違えたかなと思うほど暗くて、とても朝になっているとは思えない暗さでした。
一応、時計を確認して、そして窓を少し開けて外を見たのですが、黒くて厚い雲が切れ間なく流れていました。
夏の間は日が出てくるとすぐに部屋が暑くなってしまい、寝苦しさで早めに目が覚めることが多かったです。
しかし、これくらいの季節で特に雨の日なんかは、外も暗く気温も上がらないので、ついつい起きるのが遅くなってしまいます。
だんだんと布団の暖かさが心地よくなる季節でもあるので、ちゃんと起きるようにしないとうっかり寝過ごしてしまいそうです。
まだ真っ暗な朝というのもシャキッとしないものですが、そろそろ秋や冬の準備を進めるようにしなくてはいけないなと思いました。

同系列の教室の方から頂いた干し柿の大きさと柔らかさに驚く

昨年フラダンスのイベントがあり同じ系列で別の教室の方々と合同練習がありました。数回の合同練習をして昼食を一緒に摂って別れましたが、それだけの関わりだったのに、その別の教室の方から皆さんでどうぞと干し柿がフラダンスの先生を通じて届きました。 私は初めてですが同じ教室のメンバーは毎年贈られる干し柿の事をわかっていて嬉しいと歓声が上がりました。 干し柿を作った人は隣接する他県まで出かけ購入するのではないかとメンバーの一人が言っていました。 蜜柑ならば中ぐらいが2個分くらいの大きな干し柿です。手にするとずっしりします。 私自身も干し柿を作りますが、こんなにインパクトのある干し柿は初めてです。 外は少し粉が来た程度でえんじ色ですが柔らかさに驚きました。 毎年、手がかかるのにこっちの教室へもくれるんだよねとメンバーが口々に言います。私の干し柿はもうだいぶ乾燥が進み硬くなってしまいワインにでも浸けて軟らかくしなければなりません

できることなら、すべて、東京のテレビが見たいのです

テレビ局も、東京のですが、あれよあれよという間に、東京の一等地から、湾岸に出て行ってしまいました。土地がせまいということがるのでしょうが、とてもいいところにあったのです。お天気予報も、毎朝、自分の通う大学の天気がわかるような場所で、お天気予報をしていました。それを見て出かけるのが習わしです。随分と昔ですが、今では、どちらで、朝の景色が見られるのでしょうか。地方だと、東京のニュースをあまりしていただけないのが、困るのです。わざわざ、契約してまでも、見たい番組でもないのですが、できたら、すべて同じ番組を作ってほしいのです。系列ではなく、まさに東京のものです。地元の情報がなくて十分です。地元はほかで見ますから。東京にいる感覚が、ほしいです。結構切実に感じている人が多いですよ。知らないだけです。すぐに地方局になるからいやだと、山梨のお友達も言っていました。その意味が今では、痛いほどに分かり、ます。即日融資無利息おすすめ

雨が降るといいなという6月・月末は漸く雨です

雨の日数が少なかった一か月は月末に雨降り、空がすっきりで気温も高く夏らしい情緒もよいですが、空気が乾いていて雨ふればと模様眺めでした。お天気が正常値の頃は雨降りは歩きにくいし、自然によいものという思考が薄かったけれど、今年のようなつゆ時期は雨降りの日数が増えるとよい状況、静かに降るのがつゆシーズンですから雨量は8月より少ないのが通常だけれど、今年は30日の末日までに雨降りの日数が三分の一あればよいレベルです。つゆ時期は全体的な雨量よりも雨降る日数が多い例年、少ないので雨降るのもよいという感じの最近、この状態からようやく降ったのが月末の30日。午前中に一先ずやんで空は曇天、このグレーの雲の状態では昼前後とか夕方に降りそうな一日です。夏ピークの少し前で気温は涼しく、体温と心がおだやかな昼時間、お湯を程よく冷まして淹れたコーヒーと麦茶で時間をすごします。暢気なので通販と通信費ポイントでもチェックの一日、降りそうなこの曇天に通勤がないのはよいスタイルです。

野球はチームプレーが一番大切であるとつくづくおもうこの頃

野球は個々のレベルももちろん関係あると思いますが,最終的に勝つポイントとなるのはチームプレーがどれだけできているかだと思います。
仲間のことを信じ,おもい,プレーしないと勝てないです。
プロ野球や高校野球を観ていたら,これは仲が良い,これは仲が悪いだろうなと感じることが多々あります。
みんな人間ですから,嫌いという感情を抑えていてもプレーに影響しています。
特にピッチャーとキャッチャー。
サイン通りに投げない,周りの話をきかない等,仲が悪いとお互いが自分勝手なプレーをしています。
観戦している側からみても感じが悪いのに,同じチームメイトはもっと感じの悪い思いをしていることは間違いないと思います。
それで負ける可能性が大きくなると考えられます。
それに比べ,優勝するチームはチームメイトみんなが仲良しだと思います。
ファインプレーをしたらみんなが近寄っていき褒める,エラーをしたら笑顔で慰める,こういうのが本当のチームだと考えます。
これが出来ているチームは強いです。
なので,一番はチームプレーが重要です。

年金一生ヒトの日常の日常は意外に連日忙しない。

事務所を退職して早3時期、ぎりぎりながら生涯も安定して来ておもうのは「現代知らなかったケースの多さ」。例えば、昨今台頭やるイスラムの障碍も然り。過去の年季をちょっぴり紐解いて見ると、奥州列強の独善的植民部分政策の帰結ではないかとのセンスにも至る。(テロリズムが許されるものでは無論ないが)また昨今場所へ航海に立ち寄ることも多いのだが、その地の寂れみたいを肌で感じるとさっとはかなくのぼる、人通りの数少ない街路の中に急きょ立派で巨大な「**慣習会館」、「**美術館」などが必ずやと合うほど建って掛かる。事例ネタにもなった「器物もの地方自治体」のシンボルなのだろうが、惜しくも巧いプラスの用法は無いものかと考えながらその民家に見入ってしまう。(自分が時期をとった確証かな!)
今一番の困りごとは、自宅で飼育中の和金の色つやば抜けてきた会社!共に購入した稚魚を院内と室外に分け、仕掛けもおんなじものを与えているのだが院内分隊の色つやがすっかり抜けてしまった。灯が原因ではないかと思い調査中。 年金生涯も意外にデイリー業務が多い。